離婚後の面会交流について

子どものある夫婦が離婚する際に、養育費や子どもとの面会交流について合意していても、実際に離婚した後ではさまざまな問題が起きることが少なくありません。

その代表的なものが父子の面会交流です。
親権者であり監護者である母親が、我が子と父親の面会交流を制限しようとする理由として以下の4つが考えられます。
①父親が養育費を払わない
②自分が再婚するから
③不倫をした父親に子を会わせたくない
④子どもが父親を嫌っているから

まず養育費の問題ですが、父親の養育費の不払いと子どもとの面会交流は別の問題となります。感情的には理解できるのですが、養育費の不払いを理由に面会交流に制限をかける
ことはできません。
むしろ、父親と子どもとの面会交流がスムーズに行われている場合には、養育費の未払いや不払いが起こりにくいのが現実です。

次に母親の再婚問題ですが、母親が再婚しても子どもと元夫との父子関係は変わることはありません。しかし、子どもが新しい家庭に馴染み、面会交流を認めるとかえって子どもの心の成長に好ましくない影響が考えられる場合には制限が認められることがあります。

父親の不倫が原因で離婚に至った場合ですが、夫婦間の問題と親子間の問題は別のものとして考えられます。
夫婦が感情的に対立し、憎み合うのは致し方ないことですが、そのために子どもを巻き込んでしまうことは、子どもにとって不幸なことです。
何が子どもの成長にとって大切なことなのか…。父母は冷静に考えなくてはなりません。

養育費の不払い

夫のDVがあるなら、すぐに行動を!

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者による暴力のこと。平成16年にはDV防止法が改定され、夫婦間の暴力に対してより厳しく対処されるようになっています。

DVが危険なのは何度も繰り返され、耐えている女性に対して暴力行為がだんだんとエスカレートしてしまうこと。

さらに、子どもに対してまで暴力がおよぶリスクが高く、その結果、子どもが取り返しのつかない大ケガを負うことがあり、ひいてはPTSDを引き起こし、精神に障害をもたらす可能性すらあるわけです。

夫のDVが始まったら、被害が大きくなる前にいち早く避難することが大切です。各都道府県や市区町村には、配偶者暴力相談支援センターが設けられています。
夫のDVを避けるために一時的な保護や支援を求めることができ、また自立の準備や離婚手続きを進めることができます。
とにかく、何かあってからでは遅すぎます。DV被害が少ないうちに行動して、心身の安全の最優先に確保するようにしましょう。
養育費無料相談@養育費をきちんともらう方法

調停申立で養育費を確保

私は調停申立で養育費を確保しました。当時、離婚については協議離婚でと話はつき、親権についても私がもらうことになり、何も異存はありませんでした。
でも、お金の話になるとどっちも譲らず話し合いがつかずになることがわかっていたため、最初から養育費については第3者を入れて話しましょうと伝えました。
続きを読む 調停申立で養育費を確保

消費者金融と個人再生

個人再生は、借金の任意整理、特定調停では対応できないほどの借金を抱えている多重債務者にとってはかなり有効な手続きになります。消費者金融からの借り入れで個人再生をすることは、裁判所が決めた個人再生計画を元にして、消費者金融へ返済する借金の額が大幅に減るというメリットがあります。
続きを読む 消費者金融と個人再生

■消費者金融やカードキャッシングを債務整理

私は勤めていた会社が倒産してしまい借金を作った経験があります。収入がなくなり、仕事もなかなか見つからなかったためアルバイトをしていましたが、それだけでは生活費などが足りずに消費者金融から借り入れしたのが借金の始まりです。
続きを読む ■消費者金融やカードキャッシングを債務整理

抜け毛と発毛に影響を与える生活

現代人はストレスを受けやすい環境にあり、若い頃から抜け毛が増えて髪や頭皮が気になるといったことが起こっています。若い頃の抜け毛は遺伝だけでなく、生活習慣やストレスによるものが多いこともあり、これらの要因を取り除くことが大切です。
続きを読む 抜け毛と発毛に影響を与える生活

肌に良い食生活とケアを心がけています

肌は女性にとってとても大切ですよね。

どんなに肌荒れをメイクで隠しても、問題の解決にはなりません。
私は大人ニキビや毛穴の開きなどいろいろな肌トラブルに悩まされていたので、体の内側から改善できないかなと思いました。

スナック菓子や脂分の多い揚げ物などを控えて、野菜を意識して多く取ることを心がけました。また、食物繊維のたくさん入ったシリアルとヨーグルトを一緒に食べる習慣をつけました。

すると大人ニキビが減って、嬉しいことに便秘気味だったのが毎日お通じがあるようになったんです。
やっぱり食べる物って体を作っているのだなと改めて実感しました。

肌のケアで気を付けているのは、クレンジングを丁寧に行うことです。メイクがしっかり落とせていないと毛穴詰まりの原因になってしまいますし、肌荒れをしてしまいます。なので、いろいろなクレンジングを試して自分に合ったものを使うようにしています。
毎日規則正しい生活をして肌ケアをして、健康な肌でいたいなと思います。

クリーミュー口コミ

どうして子どもは虫歯になるの?

食後の歯磨きはもちろん、仕上げ歯磨きも子どもをなだめながらきちんとやっているし、寝る前の歯磨きも絶対に忘れず、時々はフッソ含有ジェルを塗ってあげている。「こんなに努力しているのに、どうしてうちの子は虫歯になるの?」と嘆くお母さんが少なくありません。

実は、子どもの虫歯の原因のひとつが食生活から来るお口の中の環境です。どんなに歯磨きに気をつけ、仕上げ磨きをしていても、お菓子やジュースや乳飲料などを子どもがほしがるままに与えていたら、口の中はいつも糖分がある状態になってしまいます。
ご存知のように、糖分には歯を溶かす作用があり、唾液や口の中が酸性濃度が上がると虫歯を作るというわけです。

特に夏場は、熱中症予防のためにスポーツドリンクを飲ませてしまいがちですが、スポーツ飲料は糖分が多く酸性度が高いので、非常に虫歯になりやすい飲み物です。また、アイスクリームは水飴を使っていて、歯をコーティングしてしまうために虫歯を誘発しやすいと言われています。

できれば、スポーツ飲料の代わりに糖分のない麦茶やウーロン茶、緑茶などを水分補給に使うことが理想ですが、まったく与えないというのも子どもがかわいそうです。そこで、いままではジュースやスポーツ飲料ばかりだったのを数回はお茶に変えてみるのもひとつの手ですし、ジュースやスポーツ飲料の後は少なくともうがいをさせるようにしてお口の中の環境を整えるようにしたいものです。

さらに、子どもの虫歯専用の歯磨きも効果的です。詳しくはブリアンの激安情報@子どもの虫歯予防はお任せを参考「にしてください。