ベッキーさんの不倫報道はこわい

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音さんとの不倫騒動で完全休養処分となったベッキーさん。
たしかに不倫は許されることではないのだが、好きになった相手が既婚者だったというのは少なからずあるケースです。

今回の不倫騒動を見ていてこわいと思ったのが、マスコミの報道姿勢です。悪者はベッキーさんと川谷絵音さんで、この悪者を懲らしめるためにはプライバシーを暴露してもかまわない!という姿です。

二人とも芸能人ですから、多少はプライバシーが話題になることもあり、いわゆる有名税という論理で見逃されてきましが、今回の報道は少し常軌を逸した感が否めません。

まるでベッキーさんに対して魔女狩りをやっているような報道も見られます。芸能人といえども、ベッキーさんも一人の女性です。勧善懲悪に演出した報道ではなく、事実と問題点の提起の報道を心がけてもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA