消費者金融と個人再生

個人再生は、借金の任意整理、特定調停では対応できないほどの借金を抱えている多重債務者にとってはかなり有効な手続きになります。消費者金融からの借り入れで個人再生をすることは、裁判所が決めた個人再生計画を元にして、消費者金融へ返済する借金の額が大幅に減るというメリットがあります。

3年間で完済を目的としていますから、任意整理、特定調停は利息を減らすくらいしかできなかったのに対して、個人再生は元金も減らすことが出来るということが大きな違いです。個人再生が適応されるには条件があり、住宅ローン以外の借入の総額が5000万円以内の人で、一定の安定した収入がある人です。

消費者金融の借金に対する個人再生というのはかなり手続きが複雑になっていますから、弁護士などに依頼するのが一般的です。個人再生によって消費者金融から借り入れたお金の最低返済額というのは総額の5分の1位が基本となっています。しかし100万円以下になるということはありません。もしも総額が200万円以下の場合は普通で行くと5分の1というと40万円になりますが、100万円よりも下回ることはありませんから100万円の返済になります。

1000万円の借り入れがあった人が消費者金融に対して個人再生をすれば200万円になるということです。

個人再生は自己破産をするひとつ前の段階で、資産を持っている人は多くの返済が必要です。年収から最低保証額を差し引いて、その2倍以上は返済しないといけないことにはなっているのですが、それでもかなり借金が減ることは間違いないでしょう。

消費者金融から借金をしていた多重債務で、返済困難になったときの個人再生のいちばんの特徴というのは、住宅を手放すことなく借金を減らしてもらえるという方法だと思います。自己破産をしてしまったら、不動産や家を持っていれば、処分してそのお金も返済しないといけないわけですが、個人再生にすれば、住宅はそのままで借金を減らすことができます。それが一番のメリットになると思います。

消費者金融の多重債務者で自己破産を考えるひとつ前の段階としてこの個人再生というものはありますが、利用するにしてもよく考えたうえで弁護士や司法書士に相談をして手続きを進めていきましょう。自己破産をするよりは個人再生の方がいいのではないでしょうか。
日本保証からの請求が来たら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA