夫のDVがあるなら、すぐに行動を!

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者による暴力のこと。平成16年にはDV防止法が改定され、夫婦間の暴力に対してより厳しく対処されるようになっています。

DVが危険なのは何度も繰り返され、耐えている女性に対して暴力行為がだんだんとエスカレートしてしまうこと。

さらに、子どもに対してまで暴力がおよぶリスクが高く、その結果、子どもが取り返しのつかない大ケガを負うことがあり、ひいてはPTSDを引き起こし、精神に障害をもたらす可能性すらあるわけです。

夫のDVが始まったら、被害が大きくなる前にいち早く避難することが大切です。各都道府県や市区町村には、配偶者暴力相談支援センターが設けられています。
夫のDVを避けるために一時的な保護や支援を求めることができ、また自立の準備や離婚手続きを進めることができます。
とにかく、何かあってからでは遅すぎます。DV被害が少ないうちに行動して、心身の安全の最優先に確保するようにしましょう。
養育費無料相談@養育費をきちんともらう方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA